環境保護、環境負荷の軽減に努めています

ベラジオグループは2000年4月に設立、大阪市港区に本社を置き、国内20店舗のほか、グァムなど海外に4店舗を展開しています。(2018年6月現在)

同業他社と異なる特徴のひとつに、店舗の内外装ともに過剰な電飾を使わないことがあげられます。
それによりデザインおよびメンテナンスコストの削減だけでなく、省エネ、近隣への「光害」の回避など、さまざまなメリットを生み出しました。

省エネ対策は、電飾だけではありません。
照明はLEDを導入し、毎年節電の目標値を設定しています。
省エネ法に沿った取り組みとして、エネルギー管理統括者とエネルギー管理企画推進者を選任。
また、店舗ごとの電力使用量を可視化することで検証と分析を可能にし、無駄の排除につなげています。
そのほか、各店舗から出るペットボトルキャップとプルタブをリサイクル業者に売却し、収益を海外でのポリオワクチン接種や施設へ寄付するなど、国内外の福祉に還元しています。


ページのトップへ戻る