デリケートなプレママのお肌を優しく保湿

妊婦さん用のコスメのひとつに、妊娠線の予防クリームがあります。
これは、お腹が大きくなるにつれて皮膚の下の組織に亀裂が入ることでできる線を保湿やマッサージでできにくくするためのクリームです。
妊娠後期になるとできやすい線ですが、ケア自体は早めにスタートするのが理想です。
綺麗ママの美肌術でも解説されていますが、お腹が急に大きくなることがきっかけになるので体重のコントロールもポイントです。
でも、いわゆる食べづわりの人ですと空腹から吐き気が起きてしまうので辛いところです。
それに赤ちゃんの栄養のこともありますから、食事内容や量についてはかかりつけの先生の指示を受けないと心配です。
妊娠線の予防クリームは、自分でケアできる対策方法のひとつです。
クリームのタイプはローションに近いすっとしたものからオイル状のものまであり、綺麗ママの美肌術を参考にすると自分に合ったタイプを選ぶことができます。
初期の妊婦さんにとってはちょうどつわりの時期にあたり、お肌のお手入れアイテムの香りが気になるという方はとても多いはずです。
香料や付け心地などに気遣いがされた妊娠線の予防クリームも各種あり、綺麗ママの美肌術でも探すことができます。

ページのトップへ戻る